毎日、暑い日が続きますが、皆さんはどのようにお過ごしですか?

私は、冷房にどっぷり浸かった毎日を送っています…

 

先日、腰痛でお困りの方がみえました。

趣味でゴルフをされている様で、ゴルフのスイング動作時に痛みが強くなると言う訴えでした。

結論的には股関節と骨盤部、胸郭部に発生した柔軟性低下、そして筋力低下によって腰部に強いねじれのストレスがかかる事が腰痛の原因でした。

もともと、腰椎の関節はその構造上、回旋方向や横方向へはあまり大きく動く事ができません。(頚椎や胸椎はこの方向へ大きく動く事ができます。)そのため、土台である骨盤や股関節の柔軟性が低下すると、大きく身体を捻じるような動きでは、腰椎に強い負荷がかかり、腰痛を起こす事があります。

同様に、骨盤や股関節の柔軟性低下は、膝や肩、首の痛みにまでも関係してきます。

 

この骨盤の動き…バイク・スキー・ゴルフで強く意識する事ができます!

 

ここで、そもそも骨盤は動くのか?という話ですが…

骨盤は寛骨と仙骨で構成されています。

そして、この寛骨と仙骨がつながっている部位を仙腸関節と呼び、前方で左右の寛骨がつながっている部位を恥骨結合と呼びます。

骨盤はこの恥骨結合を中心に後方の仙腸関節で動きます。その動きはわずか数ミリしかないのですが、この動きが大切になります。

寛骨の動きは下肢から、仙骨の動きは脊椎からの影響を受け、身体の下からの動きと上からの動きがこの仙腸関節部で干渉される仕組みになっています。それだけにストレスがかかりやすい部位でもあり、仙腸関節は動きが少なくても、大きすぎても問題が起きてきます。

 

この部位の動きの問題が骨盤の動きの非対称性につながってきます。骨盤の具体的な動きに関して興味のある方は、申し訳ありませんが、ご自分でお調べ下さい…

 

次にバイクの話になるのですが…

私は趣味でバイクに乗るのですが、バイクのコーナーリングでの動作における股関節~骨盤の動きとゴルフのスイング動作、そしてスキーでのスラローム動作はとても似ています。

3つとも、両足を地面に付けて前方を向いた状態でプレイします。(バイクは地面ではなく、バイクのステップ上に足があり、シートに座っている状態ですが…)バイクは、座っている状態なので、他の2つよりも骨盤の動きをより強く意識する事ができるのが特徴です。

バイクとスキーの動作は、曲る方向に重心を移動させることがとても重要となります。

 

人間の身体の重心は骨盤内にあります。

骨盤をわずかに移動させる事によって効率よく重心を左右、前後に移動させることができます。

重心移動に伴い、骨盤は左右非対称的に動きます。(本来は前後方向への重心移動も大切ですが、ここでは左右方向のみを考えました)

具体的には、バイクにしてもスキーにしても、そのコーナーリング動作では、曲る方(重心を移動する側)の骨盤を後方に引き、反対側の骨盤を前方に出すような動きが必要になってきます。そして、重心を移動する側とは反対側の足で地面(バイクの場合はステップ)を踏むようにすると重心が曲る方にシフトして勝手に曲っていきます

 

ゴルフのスイング動作でも、同様の動きが求められます。右打ちであれば、右から左へと瞬間的に大きく、骨盤の動きを中心とした正確な重心の移動が必要になります。

更に、ゴルフでは、上部体幹~肩甲骨~肩関節の動きまでを含めて考えなければなりません。

 

骨盤に非対称的な動きがあると、バイクやスキーでは曲りやすい側と曲りにくい側が出てきます。

ゴルフでは打球が真っすぐ飛ばずに曲ってしまいます。

それだけ、パフォーマンスに直結しやすいのです。

 

起き上がり、立ち上がりから始まり、歩行、階段昇降など、すべての動作は、重心移動の連続とも言えます。

このように身体の重心移動を効率よく行う為には、骨盤の動きが必要となります。この骨盤の動きを意識しやすい動作として、バイクやスキーやゴルフがあると言う事です。

 

そして、ほとんどの方が、この骨盤の動きに問題を抱えています。

右側には移動しやすいけど左側に移動しにくいと言った非対称性です。(皆さん、あまり気付かれてはいませんが…)

骨盤の動きに非対称性があると、上半身や膝、足関節などを代償的に使って何とか重心を移動しようとする動きが出てきます。このような代償的な使い方は身体の動きの効率性を下げ、身体の各部位に痛みなどの問題を引き起こしてきます。冒頭で出てきた腰痛の方もこのタイプです。

つまり骨盤の非対称性が存在していると、重心を移動するために他の部位を使わなければならずに動きの効率化を下げてしまいます。

 

よって、なるべく左右前後均等に使える様にしておく事は、身体に起きる痛みなどのトラブルの予防にもつながります。

骨盤の動きを整えるためには、股関節周り、腰部、腹部を中心としたケアが必要になってきます。骨盤の動きで少しでもお悩みの方は、是非、ご相談下さいね。

 

あと…バイクに乗ると自分の骨盤のクセがよくわかりますよ…

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。