12月10日(日)、私が所属しています徒手医療協会主催のセミナーで講師をさせて頂くことになりました。

タイトルは『ロコモティブシンドロームへの徒手医学的アプローチ』になります。

痛みや加齢にともなう筋力低下などが原因で座る・立ち上がる・歩くといった日常生活における基本的な動きに支障をきたしている方に対して、徒手療法…簡単にいえばマッサージ・ストレッチング・筋膜リリースなど…を用いた機能改善のための介入方法を紹介させて頂きます。

姿勢や体の動きを制限している硬さを解除して、体幹を中心に上下肢を連動させた身体の動き作りを目的に、最終的には歩行などの動作を改善させていく方法になります。