昨日、少しでも我が家の経費削減をと…ユーザー車検に初挑戦してきました。ユーザー車検とは、車検をディーラーやガソリンスタンドなどに依頼しないで自分で車検をする事です。

車検にかかる費用は、検査料・自賠責保険料・重量税になります、私の場合、普通車ですが53000円で収める事ができました。

ディーラーやカーショップに依頼するとこれ以外に、点検整備料・車検代行料などの諸経費がかかってきます。ユーザー車検ではこの費用を抑えられる事が最大のメリットと言えます。

一方ののデメリットは安全面に対するものです。日頃から車のコンディションを把握出来ていない方、整備をしていない方、それこそボンネットの開け方もわからないような方はディーラーやカーショップに依頼しておいた方が間違いないかもしれません。

車検に合格したのは良いものの、見過ごしてていた整備不良などが原因となって事故を引き起こしたりしたら大変です。そんな事を未然に防ぐためにも、ユーザー車検を受ける方は事前に、法定点検を実施してもらい、不具合がある部位に関しては修理をしておけば、安心・安全だと思います。

わが家のPOLOちゃんは、今回が3回目の車検になりますが、点検時にドライブシャフトのブーツ破損が発覚して修理に2万円程かかってしまいました…2年ほど前にはクランクケースとシャフトのアライメントが崩れてシャフトの軸がずれるという、今まで聞いた事のない様な欠陥が見つかりました。

丁度その頃、排ガス規制不正問題で世間を騒がせていた事もあり、ワーゲン社に対して不信感が芽生えましたが、このクランクシャフトの欠陥に対してはしっかりとしたアフターフォローをして頂き、その不信感もやんわりと払拭されました。POLOは、コンパクトカーの割には、そのハンドリングと車体剛性感の強さが私のお気に入りです。その魅力は7年経った今でも色褪せません!

 

ユーザー車検は普通車の場合、国土交通省のサイトから全国の陸運支局にネット予約する事ができます。あとは、当日に必要書類を持って受付をすませてから検査を受ければ終了です!混雑具合にもよりますが、トータルで2時間もあれば大丈夫だと思います。

皆さんが言っている通り、終わってしまえば簡単だと感じるのですが、初めての方は、検査の手順をネットか何かで下調べをしておく事をお薦めします。予備知識なしで行くと、結構、戸惑います…