小田急線町田駅徒歩5分の理学療法士による整体。腰痛、膝痛、肩こり、手足のしびれ、スポーツによる痛みなど。

院長紹介

院長プロフィール

院長 大畑健太郎

1968年生まれ 静岡県沼津市出身

家 族:妻、娘、息子

趣   味:子供のサッカー観戦、バイク(中型)、水泳

経 歴: 相模原協同病院リハビリテーション室に8年間勤務後、

2003年4月 おおはた治療院 開業(静岡県三島市)

2017年5月  ボディケアルームつなぐ 移転開業

  • すずき脳神経外科クリニック(町田市旭町)理学療法士
  • 所属協会:徒手医療協会

*徒手医療協会ホームページにて紹介されています。ぜひご覧ください。


「徒手医学的思考に基づく身体の機能化へのアプローチ」インタビュー記事はこちら


「ベッドサイドで行える徒手医学的運動療法」動画はこちら

国家資格

  • 理学療法士
  • はり、きゅう、マッサージ師

トレーナー歴

  • 日野自動車ラグビー部に2年間所属
  • 神奈川県スキー連盟に所属、冬季国体に帯同
  • 函南町ランナーズクラブ

院長ごあいさつ

はじめまして。

「ボデイケアルームつなぐ」院長の大畑健太郎と申します。

私が臨床家を目指すきっかけになった出来事は20歳、大学3年生時に起こした交通事故です。オートバイに乗車中、脇道から右折してきた乗用車と衝突、左膝関節の前十字靭帯と側側副靱帯を断裂し、内側半月板損傷の大怪我をしました。救急車で近隣の病院に搬送され数日後、手術となりました。

当時は、靱帯の再建術後はギプスで固定する事が通例となっていて手術後、1か月半程のギプス固定をしました。(今では術後のギプス固定などありえないのですが…)

固定期間が過ぎ、ギプスを外した時の私の足はすっかりと別人のような足に変わり果てていました。筋肉がげっそりと落ちてしまい枯れ木のような細さに加え、膝が固まってしまっていて、曲げることも伸ばすことも全くできない状態になっていました。

子供の頃から身体を動かすことが大好きで中学時代は体操部に、高校、大学時代は少林寺拳法部に所属していた私にとってその時に受けたショックは絶大なものでした。人生が終わったくらいのショックを受けた事を昨日の出来事のように覚えています。

リハビリテーションの先生との出会い

そして、ここから社会復帰に向けた長く辛いリハビリテーションが3年ほど続きました。

関節の硬さがあまりにもひどく、麻酔下でのマニュピレーション術を2回実施、その後も脊椎硬膜下へチューブを入れ、リハビリ前に軽い麻酔をかけてからの関節可動域訓練を実施するほどでした。

この時にリハビリテーションを担当して頂いた鍼灸マッサージ師の先生との出会いが私の人生の転機となりました。先生はどの患者さんにも誠意をもち一生懸命な対応をしてくれていました。身体の障害に対する対応だけではなく、心のケアまでサポートしてくれたお陰で私はなんとかここを乗り越える事ができました。先生にはいくら感謝を述べても足りないくらいです。

この時に担当して頂いた先生のように自分も身体の障害で困っている方たちのお役に立てるような人間になりたい、その気持ちが鍼灸マッサージ師、理学療法士としての人生へと向かわせ、今の自分を作ってきました。

そしてこれからも、この時の気持ちを忘れることなく、さらに高いスキルを身につけられるよう日々精進して皆様のお身体のお悩みに寄り添いながら、お役に立てる臨床家を目指して参ります。

病院勤務を経て「治療院」開業

総合病院勤務時には理学療法士として整形外科の手術後のリハビリをはじめ、脳外科や糖尿病、呼吸器疾患の患者様へのリハビリに従事しつつ、企業スポーツや学校部活動へのトレーナーとしての経験も積んできました。

平成15年には静岡県三島市におおはた治療院を開業、痛みやシビレなどの症状をはじめ、筋肉のコリや疲れ、骨盤や背骨の歪みや姿勢のくずれ、歩行障害など様々な身体のお悩みに誠心誠意を持ってお応えして参りました。また、お身体の状態が悪く、来院することができない方に対しては、訪問リハビリテーションサービスの提供も行ってきました。

そして「ボディケアルームつなぐ」開業へ

そして、この度、「おおはた治療院」を人に譲り、町田市に「ボデイケアルームつなぐ」を開業させて頂く事となりました。

通院している多くの方からなぜ「おおはた治療院」を辞めてしまうのか?そして、なぜ静岡県から町田市なのか?と、辞めるまでのこの一か月間ほどは皆様からの質問攻めにあいました。三島に残していく患者様方には大変申し訳なく思っておりますが、今が移転のタイミングと決断、苦渋の選択をしました。

私の心境は、1~2年前より、次へのステップアップのきっかけとして他の場所へ移転することを強く希望していました。私ももうすぐ50歳になります。臨床経験は約20年間ですが、やっと自分の理想の臨床家像に近づいてきた事を実感する事ができます。

他の先生達と比べるとその歩みは遅いと思いますが、自分なりのやり方で一歩一歩、前に進んできた感があります。ここで心機一転、場所を変えて、再出発していきたいという気持ちに駆られ、行動を起こす事を決めました。これからが初めての開業と考えてまたゼロから頑張っていくつもりです。

移転先を町田に決めたのは、学生時代、病院勤務時代からなじみの深い土地だからです、それだけの理由で??と言われるのですが、それだけです…

違った言い方で言うと今、自分の肌に合うというか心と体が求めている場所が直感的に町田だったという事です…あと、奥さんの実家が町田の近くという理由もあるかな?位の理由です。

とにかくお身体のお悩みで困っている方達の症状改善のために、現在ある自分の力を最大限発揮して誠心誠意を持って一生懸命、皆様と 向き合った臨床に取り組んで行きます。

老若男女、日常生活をはじめ仕事時、スポーツ活動時でも痛みやシビレなどの症状でお悩みの方はご相談だけでも構いません。お気軽に声をおかけ下さい。

どうぞよろしくお願い致します。

ボディケアルームつなぐ 院長 大畑健太郎

ご予約・お問合せ(完全予約制) TEL 090-7425-0457 定休日:水曜日 

PAGETOP
Copyright © ボディケアルームつなぐ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.